日本共産党東村山市議会議員


by watanabe-minoru

保育園お別れ会

 今日は子どもが通っている保育園のお別れ会がありました。

 「お別れ会」といっても❝卒園❞ではなく、3月31日で保育園がなくなってしまうので開かれました。

 子どもが通っている公立保育園は「民間移管」の対象となり、4月1日から民間の保育園へと変わってしまいます。民間移管を何とか止められないかと取り組んできましたが、力が及ばず進められてしまいました。
 本当に悔しいです。
 
 私は、民間の保育園が嫌なのではなく、「民間移管」-いわば民営化ーという手法に対して異議を称えています。また、一部であっても公立保育園を無くすということにも問題があると考えています。
 さらに、東村山の公立保育園はどこも長い歴史を持っています。私の子どもが通う保育園も40年という歴史があります。私自身、長女と次女で合計8年間もお世話になりました。
 このような保育園を無くしてしまうのは、東村山の保育にとっても大きな損失だと思います。

 民間の保育園が悪いということではありませんが、「保育の質」が問題視されていることや保育士の処遇の問題などを考えれば、公立保育園には重要な役割があると思います。

 何より、「民間移管」をすることによって、保育園の場所や運営者、そして保育士が変わることによる子どもたちへの影響が大変大きいことが、自分の子どもや同級生を見ていてはっきりと分かりました。

 私の子どもは、保育士が変わることがわかってから、家で突然泣き出したりわがままを言ったりと不安定になっています。私の子どもだけでなく、同じクラスの少なくない人数の子どもが同じような状態になっているということも聞きました。

 子どもにこんな思いをさせる今の市政を私は許しません。

 二度と同じような思いをする子どもを生み出さないために、市政を変えるためにさらに力を入れて頑張っていきたいと思います。
c0362449_22552336.jpg
民間移管のため、仮設になっている園舎の前で

# by watanabe-minoru | 2019-03-24 23:00 | 子育て

保育園お別れ会

 今日は子どもが通っている保育園のお別れ会がありました。

 「お別れ会」といっても❝卒園❞ではなく、3月31日で保育園がなくなってしまうので開かれました。

 子どもが通っている公立保育園は「民間移管」の対象となり、4月1日から民間の保育園へと変わってしまいます。民間移管を何とか止められないかと取り組んできましたが、力が及ばず進められてしまいました。
 本当に悔しいです。
 
 私は、民間の保育園が嫌なのではなく、「民間移管」-いわば民営化ーという手法に対して異議を称えています。また、一部であっても公立保育園を無くすということにも問題があると考えています。
 さらに、東村山の公立保育園はどこも長い歴史を持っています。私の子どもが通う保育園も40年という歴史があります。私自身、長女と次女で合計8年間もお世話になりました。
 このような保育園を無くしてしまうのは、東村山の保育にとっても大きな損失だと思います。

 民間の保育園が悪いということではありませんが、「保育の質」が問題視されていることや保育士の処遇の問題などを考えれば、公立保育園には重要な役割があると思います。

 何より、「民間移管」をすることによって、保育園の場所や運営者、そして保育士が変わることによる子どもたちへの影響が大変大きいことが、自分の子どもや同級生を見ていてはっきりと分かりました。

 私の子どもは、保育士が変わることがわかってから、家で突然泣き出したりわがままを言ったりと不安定になっています。私の子どもだけでなく、同じクラスの少なくない人数の子どもが同じような状態になっているということも聞きました。

 子どもにこんな思いをさせる今の市政を私は許しません。

 二度と同じような思いをする子どもを生み出さないために、市政を変えるためにさらに力を入れて頑張っていきたいと思います。
c0362449_22552336.jpg
民間移管のため、仮設になっている園舎の前で

# by watanabe-minoru | 2019-03-24 22:59 | 子育て

保育園お別れ会

 今日は子どもが通っている保育園のお別れ会がありました。

 「お別れ会」といっても❝卒園❞ではなく、3月31日で保育園がなくなってしまうので開かれました。

 子どもが通っている公立保育園は「民間移管」の対象となり、4月1日から民間の保育園へと変わってしまいます。民間移管を何とか止められないかと取り組んできましたが、力が及ばず進められてしまいました。
 本当に悔しいです。
 
 私は、民間の保育園が嫌なのではなく、「民間移管」-いわば民営化ーという手法に対して異議を称えています。また、一部であっても公立保育園を無くすということにも問題があると考えています。
 さらに、東村山の公立保育園はどこも長い歴史を持っています。私の子どもが通う保育園も40年という歴史があります。私自身、長女と次女で合計8年間もお世話になりました。
 このような保育園を無くしてしまうのは、東村山の保育にとっても大きな損失だと思います。

 民間の保育園が悪いということではありませんが、「保育の質」が問題視されていることや保育士の処遇の問題などを考えれば、公立保育園には重要な役割があると思います。

 何より、「民間移管」をすることによって、保育園の場所や運営者、そして保育士が変わることによる子どもたちへの影響が大変大きいことが、自分の子どもや同級生を見ていてはっきりと分かりました。

 私の子どもは、保育士が変わることがわかってから、家で突然泣き出したりわがままを言ったりと不安定になっています。私の子どもだけでなく、同じクラスの少なくない人数の子どもが同じような状態になっているということも聞きました。

 子どもにこんな思いをさせる今の市政を私は許しません。

 二度と同じような思いをする子どもを生み出さないために、市政を変えるためにさらに力を入れて頑張っていきたいと思います。
c0362449_22552336.jpg
民間移管のため、仮設になっている園舎の前で

# by watanabe-minoru | 2019-03-24 22:59 | 子育て

保育園お別れ会

 今日は子どもが通っている保育園のお別れ会がありました。

 「お別れ会」といっても❝卒園❞ではなく、3月31日で保育園がなくなってしまうので開かれました。

 子どもが通っている公立保育園は「民間移管」の対象となり、4月1日から民間の保育園へと変わってしまいます。民間移管を何とか止められないかと取り組んできましたが、力が及ばず進められてしまいました。
 本当に悔しいです。
 
 私は、民間の保育園が嫌なのではなく、「民間移管」-いわば民営化ーという手法に対して異議を称えています。また、一部であっても公立保育園を無くすということにも問題があると考えています。
 さらに、東村山の公立保育園はどこも長い歴史を持っています。私の子どもが通う保育園も40年という歴史があります。私自身、長女と次女で合計8年間もお世話になりました。
 このような保育園を無くしてしまうのは、東村山の保育にとっても大きな損失だと思います。

 民間の保育園が悪いということではありませんが、「保育の質」が問題視されていることや保育士の処遇の問題などを考えれば、公立保育園には重要な役割があると思います。

 何より、「民間移管」をすることによって、保育園の場所や運営者、そして保育士が変わることによる子どもたちへの影響が大変大きいことが、自分の子どもや同級生を見ていてはっきりと分かりました。

 私の子どもは、保育士が変わることがわかってから、家で突然泣き出したりわがままを言ったりと不安定になっています。私の子どもだけでなく、同じクラスの少なくない人数の子どもが同じような状態になっているということも聞きました。

 子どもにこんな思いをさせる今の市政を私は許しません。

 二度と同じような思いをする子どもを生み出さないために、市政を変えるためにさらに力を入れて頑張っていきたいと思います。
c0362449_22552336.jpg
民間移管のため、仮設になっている園舎の前で

# by watanabe-minoru | 2019-03-24 22:59 | 子育て

病児保育を利用して

今週の中頃、一番下の娘が風邪をひき、私も妻も休めなかったので病児保育を利用しました。

東村山市では、多摩北部医療センターと提携し、センター内に病児保育室を設置しています。

病児保育の流れは
①事前に利用登録
②利用予約
③当日の朝に救急外来で受診
④病児保育室へ預ける
となります。

私は、2日間利用しました。
先に言っておきますが、病児保育を作って子どもが病気になっても預かってくれる所があることは、私だけでなく市内の働く保護者にとって助かっていることは間違いありません。

ただ、私は「やってもらっているから」とか、「あるだけでありがたい」という理由で改善などの要望があっても飲み込んでしまうということはしません。
より、利用しやすく充実したものにしたいからです。

今回、病児保育を利用して感じたことは、「電話でしか受け付けない予約の不便さ」と「受診に時間がかかりすぎる」、「利用するための準備が大変」ということです。

東村山の病児保育の予約は電話のみで、インターネットでの予約を取り入れてほしいという要望が、保護者の中から以前からあげられています。「キャンセルや予約待ちなどの仕組みが複雑になる」などの理由で導入していません。

当日の朝に救急外来で受信する必要がありますが、仕事に行く前に何十分も待って受診してら預けに行くというのは厳しいものがありました。私が利用した2日間は一人も救急患者はいませんでしたが、1日目は約20分、2日目は30分以上かかりました。もう少し診察の時間を短縮してもらえると助かります。
利用するには、着替えやお弁当、おやつ、飲み物、お昼寝用のタオルケットなどを準備し、保育室で保護者がセッティングしなければなりません。診察で待たされた挙句、預けるにも時間がかかり、家を出てから預け終わるまで1時間以上。もう少し何とかならないものでしょうか。

定員が4名というのもかぢがあります。インフルエンザなどが流行る冬は予約がいっぱいで預けられないこともあり、今年の流行時期にはインフルエンザじゃないと預からないという時期もあったそうです。定員増についても保護者から要望が出ています。

前述のとおり、病児保育があることで働く保護者は助かっていますし、私も利用したことで仕事を休まなくて済みましたので、利用できることに感謝しています。今回、ブログで書こうと思ったのは、東村山の病児保育をさらに使いやすく充実させ、働く保護者の負担を少しでも少なくしたいという思いからです。

議会などでも取り上げ改善させていきたいです。




# by watanabe-minoru | 2019-02-23 23:53 | お知らせ