日本共産党東村山市議会議員


by watanabe-minoru

タグ:核兵器廃絶 ( 3 ) タグの人気記事

72年目のヒロシマの日

今日、72年目のヒロシマの日を迎えました。

幼いころから核兵器廃絶の運動に関わってきた一人として、核兵器がいまだになくならない現状に悔しさを感じています。

7月7日、国連では史上初めて核兵器を違法とする「核兵器禁止条約」が122ヵ国の賛成で採択されました。
アメリカやロシアをはじめとする核兵器保有国と、核兵器保有国の「核の傘」に依存する日本や韓国などの国々は交渉に参加すらしていません。
日本政府は、世界で唯一の戦争被ばく国として核兵器廃絶の世界の流れをリードしていく責任があります。
いちにちも早く、「核兵器禁止条約」を批准し、核保有国と非保有国との溝を埋める積極的な役割をはたすよう求めます。

広島市で開催された平和祈念式典では、広島市長や広島知事、国連事務総長のメッセージにおいて、「核兵器禁止条約」が言及されたにもかかわらず、安倍首相は一言も触れませんでした。
政治に携わるひとりとしてとても情けなく感じています。

子どものころ、原爆を落とされたヒロシマとナガサキの惨状を目にし、戦争の恐ろしさを聞く中で「この現実を聞けば、みんなが『戦争はいけない』『核兵器はなくさなければ』と思うはずだ」と確信していました。
日本だけでなく、世界中の人々に核兵器の残虐さを知らせ、世界中で核兵器廃絶の大きな世論と運動が広がっていくように、微力ながら力を尽くしたいと改めて決意しました。
(注)写真は2002年の原水爆禁止世界大会―広島ーに参加した時のもの

[PR]
by watanabe-minoru | 2017-08-06 13:07 | 平和
先日お知らせをしました、東村山市議会・3月定例会に提出されていた、東村山駅に「核兵器廃絶平和都市宣言」の宣言塔を再設置してほしいという陳情は、自民党・公明党の反対で否決されてしまいました。

市側は、「高架化事業もあり、駅舎の改修もするので、いま設置することは難しい」と答弁したそうです。

しかし、高架化事業は10年もかかる事業です。少なくとも10年は設置しないということでしょうか。

ロータリーの真ん中に設置される宣言塔がジャマだとでもいうのでしょうか。それとも、高架化事業には100億円近く市が負担するのに、約187万円の宣言塔は負担できないということでしょうか。

渡辺みのるは、安倍・自公政権が戦争する国づくりを加速させているいまこそ、東村山から”ノー”の声をあげていくために、戦後70年の今年の早い時期に再設置させるため、市民のみなさんと一緒に取り組んでいきます。
c0362449_09594599.jpg
写真は、街頭宣伝の様子です。


[PR]
by watanabe-minoru | 2015-04-07 10:14

 東村山市は、1987(昭和62)年9月27日に、『核兵器廃絶平和都市宣言』を行いました。この『非核平和宣言』は、広島・長崎の惨禍を再び繰り返さないため、住民を核兵器の脅威から守るために全国の自治体で行われており、いまでは、全国のおよそ9割の自治体が『宣言』をしています。

 しかし、東村山市は東村山駅東口に設置されていた、『核兵器廃絶平和都市宣言』の宣言塔を老朽化を理由に撤去してしまい、再設置を求める市民の声を「お金が無い」と無視し続けてきました。再設置にかかる費用は約187万円だそうですが、市に「お金が無い」わけではありません。2013年度決算では15億円を超える剰余金を出し、財政調整基金をはじめとする各基金には、毎年11億円も積み増しを続けています。

 私は幼少のころより、母や祖母に連れられて平和運動に参加してきました。なかでも、核兵器の廃絶を求める署名活動―6・9行動は私の政治活動の原点です。

 2月26日から3月26日の日程で行われている、東村山市議会の3月定例会には、東村山駅東口に宣言塔の再設置を求める陳情が提出されています。

 広島・長崎の被ばくから70年をむかえ、国連でNPT(核拡散防止条約)の再検討会議が行われる今年、東村山から核兵器の廃絶と平和を願う声を大きく広げていくために、ご一緒に『核兵器廃絶平和都市宣言塔』の再設置を実現させるために、全力で取り組んでいきます。

c0362449_16470328.jpg
現在は撤去されたままとなっている、東村山駅東口に設置されていた『核兵器廃絶平和都市宣言塔』



[PR]
by watanabe-minoru | 2015-03-22 17:05 | 平和