日本共産党東村山市議会議員


by watanabe-minoru

タグ:東村山 ( 28 ) タグの人気記事

先日、久米川町在住の方より、「鷹の道の東村山高校西側の交差点には、雨が降るたびに水たまりができて、通行が大変」という相談を受けました。
さっそく、市に場所を伝え、雨の翌朝撮った写真を見せ、現状を伝えるとともに、既存の排水溝内を清掃し水はけを良くする措置をとるよう要請をしてきました。

しばらくして、雨が続いた日に確認しに行ったところ、見事に改善されていました。

これからも、市民のみなさんの声を市政に届けるため、頑張ります。
c0362449_22121222.jpg
雨があがったあとも水たまりが残ってしまっている交差点↑
改善され雨が降っていても水たまりができなくなりました↓
c0362449_22120977.jpg

[PR]
by watanabe-minoru | 2015-04-14 22:16
東村山市には、常設のハローワーク労働相談窓口がありません。そのため、仕事探しや労働相談に、既に設置されている近隣5市や、国分寺・立川まで出てハローワークに通わなくてはいけない状態になっています。

昨日(4月9日)、日本共産党市議団と共に厚生労働省に、ハローワークの常設窓口を設置するよう申し入れに行ってきました。
厚生労働省の担当者からは、同日可決した2015年度予算案に「東村山に労働相談窓口を設置する予算を計上している。可決すれば、年内か遅くとも年度内には開設できる。」との回答を得ました。

これは、市民のみなさんが長年切望し、日本共産党市議団が5年余りに渡り、東村山や国に対し繰り返し追求・要望してきたものが実を結ひ、大きな展望が開けたことになります。

今後は、通知が届き次第早急に協議をし、可能な限り早期に開設できるよう求めて参ります。
c0362449_10003573.jpg

参議院議院会館での様子。左から山口みよ市議会議員、鈴木よしひろ・雇用とくらし相談室長
[PR]
by watanabe-minoru | 2015-04-10 09:40 | 活動
先日お知らせをしました、東村山市議会・3月定例会に提出されていた、東村山駅に「核兵器廃絶平和都市宣言」の宣言塔を再設置してほしいという陳情は、自民党・公明党の反対で否決されてしまいました。

市側は、「高架化事業もあり、駅舎の改修もするので、いま設置することは難しい」と答弁したそうです。

しかし、高架化事業は10年もかかる事業です。少なくとも10年は設置しないということでしょうか。

ロータリーの真ん中に設置される宣言塔がジャマだとでもいうのでしょうか。それとも、高架化事業には100億円近く市が負担するのに、約187万円の宣言塔は負担できないということでしょうか。

渡辺みのるは、安倍・自公政権が戦争する国づくりを加速させているいまこそ、東村山から”ノー”の声をあげていくために、戦後70年の今年の早い時期に再設置させるため、市民のみなさんと一緒に取り組んでいきます。
c0362449_09594599.jpg
写真は、街頭宣伝の様子です。


[PR]
by watanabe-minoru | 2015-04-07 10:14
昨日、東京都と西武鉄道に、東村山駅連続立体交差事業での申し入れに行ってきました。

連続立体交差ー高架化事業は、踏切の危険性除去や市東西、南北の相互交通の改善のためで、市民の長年の願いです。

事業開始にあたって、踏切の拡幅による危険性除去を先行して行うことと、高架化の対象外の保生通りの踏切と、久米川辻・諏訪町間の踏切を高架化の対象にするよう要望してまいりました。

渡辺みのるは、西口再開発の教訓を活かし、連続立体交差事業には市民のみなさんの意見・要望を最大限反映させるようとりくんでまいります。
c0362449_09522870.jpg
東京都に申し入れをする様子。右から、ほのべ務現市議会議員・市長予定候補、さとう直子市議予定候補、渡辺みのる
c0362449_09554344.jpg
西部鉄道に申し入れをする様子。

[PR]
by watanabe-minoru | 2015-04-07 09:56

東村山から発信

 毎日、駅頭や街頭で、「戦争する国づくり」ストップをと訴えています。たくさんの激励をいただきます。
 このブログにも、「自民党の憲法草案がどれほど危険なものかを、東村山から発信してください」というコメントを寄せていただきました。
 安倍政権は、5月の連休明けにも、集団的自衛権行使の関連法案を国会に提出する動きです。自民党と公明党が合意している内容は、日本の自衛隊が、アメリカの戦争に、いつでもどこでも、どんな戦争でも参加し、殺し殺される関係に入る危険性があるという、とんでもないものです。

 「戦争立法」ストップへ、私も東村山から発信します。ごいっしょに力を合わせましょう。
 写真は、3月末の東村山9条の会10周年行動で、東村山駅で宣伝。
c0362449_14573378.jpg

 
 

[PR]
by watanabe-minoru | 2015-04-03 15:13 | 平和

いよいよスタート!

本日、次女が保育園に初登園しました。

普段から、母親が見えるところにいないと不安な表情を見せる甘えん坊の次女。
初日は1時間だけの保育でしたが、私たち夫婦の不安が的中し、1時間まるまる泣いていたそうです008.gif

明日から、1時間ずつ保育時間を延ばし、来週には通常保育になる予定なのですが。。。。




[PR]
by watanabe-minoru | 2015-04-02 11:30 | 自己紹介

 東村山市は、1987(昭和62)年9月27日に、『核兵器廃絶平和都市宣言』を行いました。この『非核平和宣言』は、広島・長崎の惨禍を再び繰り返さないため、住民を核兵器の脅威から守るために全国の自治体で行われており、いまでは、全国のおよそ9割の自治体が『宣言』をしています。

 しかし、東村山市は東村山駅東口に設置されていた、『核兵器廃絶平和都市宣言』の宣言塔を老朽化を理由に撤去してしまい、再設置を求める市民の声を「お金が無い」と無視し続けてきました。再設置にかかる費用は約187万円だそうですが、市に「お金が無い」わけではありません。2013年度決算では15億円を超える剰余金を出し、財政調整基金をはじめとする各基金には、毎年11億円も積み増しを続けています。

 私は幼少のころより、母や祖母に連れられて平和運動に参加してきました。なかでも、核兵器の廃絶を求める署名活動―6・9行動は私の政治活動の原点です。

 2月26日から3月26日の日程で行われている、東村山市議会の3月定例会には、東村山駅東口に宣言塔の再設置を求める陳情が提出されています。

 広島・長崎の被ばくから70年をむかえ、国連でNPT(核拡散防止条約)の再検討会議が行われる今年、東村山から核兵器の廃絶と平和を願う声を大きく広げていくために、ご一緒に『核兵器廃絶平和都市宣言塔』の再設置を実現させるために、全力で取り組んでいきます。

c0362449_16470328.jpg
現在は撤去されたままとなっている、東村山駅東口に設置されていた『核兵器廃絶平和都市宣言塔』



[PR]
by watanabe-minoru | 2015-03-22 17:05 | 平和
今年は戦後70年、被爆70年です。

私は、高校2年生の夏、広島で開かれた
原水爆禁止世界大会に参加。
原爆ドームや平和記念資料館の焼けただれた
母と子の像に衝撃を受けました。
「怖かった」。
今も忘れられません。

「人間をこんなにしてしまう原爆と戦争は絶対に許せない」
そう堅く心に決めた青春の転換点でした。

自民・公明の「戦争立法」合意には、怒りがわきます。
2人の幼い娘の父親となって、子どもたちのためにも、
憲法9条破壊は許さない、核兵器廃絶をと誓っています。

写真は、昨年夏の市内での平和行進。左隣は、さとう直子さん。
c0362449_17104548.jpg


[PR]
by watanabe-minoru | 2015-03-21 17:12 | 平和