日本共産党東村山市議会議員


by watanabe-minoru

<   2017年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

72年目のヒロシマの日

今日、72年目のヒロシマの日を迎えました。

幼いころから核兵器廃絶の運動に関わってきた一人として、核兵器がいまだになくならない現状に悔しさを感じています。

7月7日、国連では史上初めて核兵器を違法とする「核兵器禁止条約」が122ヵ国の賛成で採択されました。
アメリカやロシアをはじめとする核兵器保有国と、核兵器保有国の「核の傘」に依存する日本や韓国などの国々は交渉に参加すらしていません。
日本政府は、世界で唯一の戦争被ばく国として核兵器廃絶の世界の流れをリードしていく責任があります。
いちにちも早く、「核兵器禁止条約」を批准し、核保有国と非保有国との溝を埋める積極的な役割をはたすよう求めます。

広島市で開催された平和祈念式典では、広島市長や広島知事、国連事務総長のメッセージにおいて、「核兵器禁止条約」が言及されたにもかかわらず、安倍首相は一言も触れませんでした。
政治に携わるひとりとしてとても情けなく感じています。

子どものころ、原爆を落とされたヒロシマとナガサキの惨状を目にし、戦争の恐ろしさを聞く中で「この現実を聞けば、みんなが『戦争はいけない』『核兵器はなくさなければ』と思うはずだ」と確信していました。
日本だけでなく、世界中の人々に核兵器の残虐さを知らせ、世界中で核兵器廃絶の大きな世論と運動が広がっていくように、微力ながら力を尽くしたいと改めて決意しました。
(注)写真は2002年の原水爆禁止世界大会―広島ーに参加した時のもの

[PR]
by watanabe-minoru | 2017-08-06 13:07 | 平和