日本共産党東村山市議会議員


by watanabe-minoru

<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私が所属している「NO!安保法制東村山議員の会」のホームページが2/20に完成しました。
みなさん、ぜひご覧になってください。宣伝行動の日時、場所等も告知されています。
みなさんのご参加を心待ちしています。

「NO!安保法制東村山議員の会」

みなさんと一緒に「安保法制廃止」に向けて力を合わせて頑張りましょう !!

c0362449_18283455.jpg
河津桜

[PR]
by watanabe-minoru | 2016-02-22 18:29 | お知らせ
山添拓 参議院・東京選挙区 (予定候補) の街頭演説が開催されますので、ぜひご参加ください。

日時 2月11日 (木) 11:30〜

場所 久米川駅南口前

c0362458_16483320.jpg


[PR]
by watanabe-minoru | 2016-02-11 11:30 | お知らせ
 東京都は12月18日に、「東京都における都市計画道路の整備方針」(第四次事業化計画)(案)を公表しました。

 このなかで、東村山市内においては6路線、延長3540mの優先整備路線が選定されようとしています。(下地図の赤い実線)

 全国的には、少子高齢化による人口減少や自動車保有台数の減少などにより、未着手の都市計画道路は見直しの方向に進んでいます。
 しかし、東京都だけは見直しをせず、大型道路開発に固執する姿勢をくずしていません。(下表)
c0362449_19031699.png
 
 都市計画道路のほとんどは、50~70年前に計画された戦後復興のための道路です。しかも、決定当時の図面すらない状況です。
 そのような道路に巨額の予算を投入して執着する必要が、ほんとうにあるのでしょうか。
c0362449_19032130.png
東京都の道路予算

 
 計画のある道路をすべて作ってしまえば、東村山は大型道路が網の目に張り巡らされてしまいます。(下地図)

c0362449_18492626.jpg

 東京都は、都市計画道路の整備の目的を「交通渋滞の解消」「防災」などとしています。
 自動車の保有台数の減少などで交通渋滞も減少傾向にあります。
 また、都市計画道路は”事後防災”の役割は果たせても、本来の防災の役割は果たせません。
 「防災」というのであれば、住宅の耐震化や老朽化した橋梁の改修、ライフラインの耐震化、地震火災の防止に役立つ感震ブレーカーの普及促進、生活道路の整備・改良などを優先して行うべきです。

 東京都は「第四次事業計画」(案)のついてのパブリックコメントを募集していますので、ぜひみなさんの意見をあげてください。
 詳しくは東京都都市整備局のHPを参照してください。


[PR]
by watanabe-minoru | 2016-02-04 19:14 | 活動