日本共産党東村山市議会議員


by watanabe-minoru

<   2015年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 昨年から、東村山駅付近連続立体交差化事業ー高架化が開始し、今年度から本格的に工事が始まりました。

 日本共産党は、この高架化事業は踏切の撤去により渋滞の解消や、踏切の危険性除去、東西交通の円滑化など、市民の生活環境の改善に寄与することから賛成しています。
 一方、高架化工事と並行して進めようとしている都市計画道路3・4・9号線や、3・4・10号線などには反対しています。

 日本共産党市議団は2015年9月定例市議会において、高架化によりうまれる高架下の空間に若者が集まり身体を使って遊べる場所をつくるよう市に提案しました。具体的には、フットサルコートやボルタリング、スケート場(スケートボードなど)、バスケットボールのハーフコート等です。

 東村山市では、市が管理しているすべての公園でボールを使うことや、スケボーの練習などは禁止とされています。市は小さな子どもやお年寄りの安全のために禁止していると言っていますが、禁止をするだけでは何の解決にもなりません。

 私は、東村山市の若者がつどい、遊べる場をつくっていきたいと考えています。そのことがひいては、東村山市の魅力になり、若い世代が住み続けたいと思うひとつのきっかけになればと思っています。
 また、スケートボードやボルタリングは5年後の東京オリンピックの正式種目として提案されることも決定しました。市内でオリンピック種目の練習ができる場をつくることができれば大きな魅力にもなるのではないでしょうか。

 東村山駅西口再開発の際は、市民や商店会の意見を取り入れず焦点を衰退させてしまいました。この二の舞は絶対に防がなくてはなりません。
 市民のみなさん、とりわけ若い世代のみなさんとともに、若者がつどえる東村山をつくっていきたいと思います。

c0362449_15141950.jpg
c0362449_15143071.jpg
c0362449_15140255.jpg
写真は3枚とも渋谷区宮下公園で撮影


[PR]
by watanabe-minoru | 2015-09-29 15:15 | 活動
「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます 2015年9月19日 日本共産党中央委員会幹部会委員長 志位和夫

(以下、抜粋)

安倍自公政権は、19日、安保法制――戦争法の採決を強行しました。

私たちは、空前の規模で広がった国民の運動と、6割を超す「今国会での成立に反対」という国民の世論に背いて、憲法違反の戦争法を強行した安倍自公政権に対して、満身の怒りを込めて抗議します。

同時に、たたかいを通じて希望も見えてきました。戦争法案の廃案を求めて、国民一人ひとりが、主権者として自覚的・自発的に声をあげ、立ち上がるという、戦後かつてない新しい国民運動が広がっていること、そのなかでとりわけ若者たちが素晴らしい役割を発揮していることは、日本の未来にとっての大きな希望です。

国民の声、国民の運動にこたえて、野党が結束して、法案成立阻止のためにたたかったことも、大きな意義をもつものと考えます。

このたたかいは、政府・与党の強行採決によって止まるものでは決してありません。政権党のこの横暴は、平和と民主主義を希求する国民のたたかいの新たな発展を促さざるをえないでしょう。

私たちは、国民のみなさんにつぎの呼びかけをおこないます。

1、戦争法(安保法制)廃止、安倍政権打倒のたたかいをさらに発展させよう

2、戦争法廃止で一致する政党・団体・個人が共同して国民連合政府をつくろう

3、「戦争法廃止の国民連合政府」で一致する野党が、国政選挙で選挙協力を行おう


印刷用PDFファイル


下記に動画がありますので、ぜひご覧ください。

志位和夫委員長の記者会見

2015年9月19日 「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかける (54分47秒)

c0362458_17242217.jpg

[PR]
by watanabe-minoru | 2015-09-23 17:30 | 戦争法案反対
この国の民の声聞け 中央公聴会で元最高裁判事・学者・学生 「戦争法案廃案しかない」

自公両党が戦争法案の採決強行の構えを強める中、参院安保法制特別委員会は15日、識者ら6人を招き、中央公聴会を開きました。過去10年間で最多となる95人の応募者から選ばれた学生団体・SEALDs (シールズ=自由と民主主義のための学生緊急行動) の奥田愛基 (あき) 氏 (明治学院大学生) ら4氏が、法案の採決に強く反対を表明しました。


下記に動画がありますので、ぜひご覧ください。

安保法制公聴会 公述人質問 参院安保特委公聴会 井上哲士議員の質問 2015年09月15日

2015.9.15 参院安保法制特別委員会公聴会 井上哲士議員の質問 (15分28秒)

志位和夫委員長の会見

9月16日17:30ごろ。野党党首会談直後、国会内で志位委員長がぶら下がり会見。 (4分36秒)

[PR]
by watanabe-minoru | 2015-09-16 23:58 | 戦争法案反対
※共にインターネット中継で視聴できます。

2015年9月16日 (水)

開場:09:55 開演:10:00
10:00〜10:10 ニコニコ生放送 【参議院 国会生中継】~平成27年9月16日 本会議~

開場:12:50 開演:13:00
13:00〜15:30 ニコニコ生放送 《安保法案》参議院 平和安全法制特別委員会 横浜地方公聴会 生中継

参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会は、9月16日 (水)、神奈川県横浜市において地方公聴会を行うことになりました。ニコニコ生放送ではこの模様を生中継でお送りいたします。

開場:17:55 開演:18:00
18:00〜23:00 ニコニコ生放送 《安全保障関連法案採決》 【参議院 国会生中継】~平成27年9月16日 平和安全委員会~

○我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律案(閣法第七二号)(衆議院送付)
○国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律案(閣法第七三号)(衆議院送付)
○武力攻撃危機事態に対処するための自衛隊法等の一部を改正する法律案(参第一六号)
○在外邦人の警護等を実施するための自衛隊法の一部を改正する法律案(参第一七号)
○合衆国軍隊に対する物品又は役務の提供の拡充等のための自衛隊法の一部を改正する法律案(参第一八号)
○国外犯の処罰規定を整備するための自衛隊法の一部を改正する法律案(参第一九号)
○国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する人道復興支援活動等に関する法律案(参第二〇号)
○国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律の一部を改正する法律案(参第二三号)
○周辺事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律及び周辺事態に際して実施する船舶検査活動に関する法律の一部を改正する法律案(参第二四号)
○領域等の警備に関する法律案(参第二五号)
 ・派遣委員の報告
 ・締めくくり総括的質疑
 ・質疑終局
 ・修正案の提出

※視聴するためには、ニコニコ会員登録が必要です。無料の一般会員と有料のプレミアム会員があります。twitter、facebookの各アカウントからもログインできます。


参議院 インターネット審議中継

2015年9月16日の審議中継
10:00〜10:10 本会議
18:00〜23:00 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会

[PR]
by watanabe-minoru | 2015-09-16 05:50 | お知らせ

戦争法案廃案!国会正門前行動(9.10,11,14~18)

c0362458_21200209.jpg
c0362458_21200630.jpg

c0362458_21201000.jpg

戦争法案阻止 各地の行動予定

[PR]
by watanabe-minoru | 2015-09-15 21:26 | お知らせ
9月14日 (月) 18時〜19時 久米川駅前で宣伝・署名行動を行います。

呼びかけ・主催 ふたたび戦争する国にさせない東村山連絡会

力を合わせて、戦争法案阻止・安倍政治を許すな…の国民の声を大きくしましょう ! !

[PR]
by watanabe-minoru | 2015-09-13 20:02 | お知らせ
※毎週月曜日の17時〜18時に開催します (雨天中止)。

9月14日 (月) 久米川駅南口前

9月21日 (月) 東村山駅東口前

10月5日 (月) 新秋津駅前

10月12日 (月) 久米川駅南口前

[PR]
by watanabe-minoru | 2015-09-13 20:01 | お知らせ
※木曜日の18時~19時に開催します (雨天中止)。

2015年

9月10日 (木) イトーヨーカドー東村山店前

9月17日 (木) 東村山駅東口前

10月1日 (木) 新秋津駅前

10月8日 (木) 久米川駅南口前

今後も、「戦争法案反対 !」そして「戦争法案廃案 !」のために、ぜひともみなさまのご参加をよろしくお願い致します。

<参加会派 (五十音順)>

◎草の根市民クラブ ◎市民自治の会 ◎ともに生きよう ! ネットワーク ◎日本共産党 ◎民主党

6月25日、市議会6月定例会最終日の本会議で、市民のみなさまの「戦争法案反対」などの陳情は、可否同数になり、議長裁決で不採択とされました。

これを受けて、(陳情に反対した自民・公明以外の) 陳情に賛成した会派12人で共同し、「NO ! 安保法制 東村山議員の会」(戦争法案反対の会) として、安保法制阻止 (戦争法案阻止) のための宣伝行動を、7月4日 (土)、7月15日 (水)、7月24日 (金)、7月31日 (金)、8月13日 (木)、8月20日 (木)、8/27 (木)、8/30 (日)、9/3 (木) と今までに9回開催しました。

[PR]
by watanabe-minoru | 2015-09-08 22:32 | お知らせ
c0362449_13441242.jpg

[PR]
by watanabe-minoru | 2015-09-05 13:45 | お知らせ

一般質問終わりました!

 本日、9月定例会の一般質問に臨みました!
 
 防災の日の直後だったこともあり、都市計画道路と防災の関連についてと題した質問をししました。

 東村山市では地域防災計画を作成してはいるものの、被害想定については東京都の調査をそのまま掲載しているだけで、都の調査の際にデータ収集など一定の調査はしていますが、独自の調査は行っていません。市民の命と暮らしを守るべき地方自治体がこのようなことで良いのでしょうか。
 また、地域防災計画には都市計画道路の推進・促進も位置付けられています。延焼防止や避難路、緊急輸送路など一定の効果はあることは認めますが、震災の対策で重要なのは家屋の倒壊や地震火災の発生を防ぐことではないでしょうか。市は、木造住宅の耐震診断と耐震改修にかかる費用の一部を補助していますが、耐震改修費用が高額になるためなかなか利用が進んでいないのが現状です。より使いやすい制度にしていくことが求められます。地震火災を防ぐためにも、震災時における出火原因の第一位である「通電火災」を防ぐ対策も急がれます。総務省消防庁でも通電火災を防ぐために、感震ブレーカーが有効であるとの認識をしています。しかし、全国的にも感震ブレーカーの普及・啓発活動の遅れや、設置費用の補助制度の取り組みの遅れから、普及が進んでいません。市がリーダーシップをとって、市民の命を守るための施策を実行するよう求めていきます。

 二点目に、今年の7月1日から見直しがされた生活保護について質問しました。

 今回の見直しで2人世帯の住宅扶助の上限が、69,800円から64,000円に減額となります。生活に困っている人の最後の砦である生活保護の精神にたった対応が求められます。現在、限度額の超過のため転宅を進めているのは4世帯のみとのことでしたが、そのうちの1人から「家族に軽い精神障害を患っている人がいて、転居の打診をされただけでもパニック症状をおこす」との相談があり、対応を糺しました。この場合には医師の診断があれば転宅をしなくてもよいとの回答があり、さっそく連絡をしたところです。また、自己の理由以外で経過措置の切れる更新時期までに転居先を見つけられなかった場合は、減額された住宅扶助が適用されるとのことでしたので、このことには誠意をもった対応を求めていきます。
 生活保護の問題を取り上げる際、必ず言及しなければならないのはケースワーカーの人員不足です。東村山市には現在23人のケースワーカーが在籍していますが、1人あたりが受け持っている世帯数は109世帯と、厚生労働省が基準としている80世帯を大きく上回っています。現在、市には増員の考えはないとのことでしたが、現状6カ月に一度しか行っていない訪問面談を拡充させ、各世帯の実情に寄り添った対応をしていくためにも、ケースワーカーの増員は喫緊の課題です。


c0362449_19245107.jpg

[PR]
by watanabe-minoru | 2015-09-04 19:25 | 市議会