日本共産党東村山市議会議員


by watanabe-minoru

<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 東村山市は、1987(昭和62)年9月27日に、『核兵器廃絶平和都市宣言』を行いました。この『非核平和宣言』は、広島・長崎の惨禍を再び繰り返さないため、住民を核兵器の脅威から守るために全国の自治体で行われており、いまでは、全国のおよそ9割の自治体が『宣言』をしています。

 しかし、東村山市は東村山駅東口に設置されていた、『核兵器廃絶平和都市宣言』の宣言塔を老朽化を理由に撤去してしまい、再設置を求める市民の声を「お金が無い」と無視し続けてきました。再設置にかかる費用は約187万円だそうですが、市に「お金が無い」わけではありません。2013年度決算では15億円を超える剰余金を出し、財政調整基金をはじめとする各基金には、毎年11億円も積み増しを続けています。

 私は幼少のころより、母や祖母に連れられて平和運動に参加してきました。なかでも、核兵器の廃絶を求める署名活動―6・9行動は私の政治活動の原点です。

 2月26日から3月26日の日程で行われている、東村山市議会の3月定例会には、東村山駅東口に宣言塔の再設置を求める陳情が提出されています。

 広島・長崎の被ばくから70年をむかえ、国連でNPT(核拡散防止条約)の再検討会議が行われる今年、東村山から核兵器の廃絶と平和を願う声を大きく広げていくために、ご一緒に『核兵器廃絶平和都市宣言塔』の再設置を実現させるために、全力で取り組んでいきます。

c0362449_16470328.jpg
現在は撤去されたままとなっている、東村山駅東口に設置されていた『核兵器廃絶平和都市宣言塔』



[PR]
by watanabe-minoru | 2015-03-22 17:05 | 平和

リーフをお読みください

私の個人リーフを市内でお届けしています。
お読みいただけるとうれしいです。
ご意見をお寄せください。
c0362449_11085350.jpg
c0362449_11141437.jpg

[PR]
by watanabe-minoru | 2015-03-22 11:26 | 自己紹介
今年は戦後70年、被爆70年です。

私は、高校2年生の夏、広島で開かれた
原水爆禁止世界大会に参加。
原爆ドームや平和記念資料館の焼けただれた
母と子の像に衝撃を受けました。
「怖かった」。
今も忘れられません。

「人間をこんなにしてしまう原爆と戦争は絶対に許せない」
そう堅く心に決めた青春の転換点でした。

自民・公明の「戦争立法」合意には、怒りがわきます。
2人の幼い娘の父親となって、子どもたちのためにも、
憲法9条破壊は許さない、核兵器廃絶をと誓っています。

写真は、昨年夏の市内での平和行進。左隣は、さとう直子さん。
c0362449_17104548.jpg


[PR]
by watanabe-minoru | 2015-03-21 17:12 | 平和

市政を変える4人です

私の原点は平和です。
安倍政権が、集団的自衛権行使を具体化する
戦争立法を急いでいることは、絶対に許せません!

市政を変えようと先頭に立っている、
日本共産党の4人がそろって、
市役所前で写真をとりました。

左から、鈴木よしひろ、さとう直子、山口みよ、渡辺みのるの4人

c0362449_15105146.jpg


[PR]
by watanabe-minoru | 2015-03-21 15:13 | 活動

ごあいさつ

こんにちは、日本共産党東村山市子育て・若者応援室長の渡辺みのるです。
若者も高齢者も希望をもてる東村山市へ全力をあげます。
初めてブログを立ち上げました。
みなさん、よろしくお願いいたします。
c0362449_13402024.jpg

[PR]
by watanabe-minoru | 2015-03-21 13:40 | 自己紹介